痔の原因は、以下の通りです。 ・便秘 ・下痢 ・ストレス ・肛門の不衛生 ・いきみ過ぎ ・食べ物 ・長時間の同じ体勢 ・冷え ・喫煙 ・飲酒 便秘になると便が硬くなるので、その硬くなった便によって肛門が傷ついてしまい、痔を発症させます。 下痢になると普通では進入しない場所に便が入り、それが原因で感染を起こし、痔を発症する場合があります。 過度なストレスを受けると、便秘や下痢になってしまい、痔に繋がるケースも少なくないです。 それに、肛門周辺が不衛生な状態だと、細菌によって痔を発症させやすくなります。 トイレで強くいきみ過ぎると、肛門の静脈に強い負荷をかけてしまって、痔に繋がるかもしれません。 また、辛いものを食べたり、長時間同じ体勢を取り続けるというのも非常に危険です。 体が冷えると肛門周辺の血液の流れも悪くなるので、痔ができやすくなります。 喫煙や飲酒も痔を発症させる原因になることがあるため、注意しないといけません。 痔の原因はこのようにたくさんあるので、複数の原因が重なって発症することもあります。